【eduroam】

eduroam(エデュローム)とは、国内外の教育・研究機関の間でキャンパス無線LANの相互利用を実現するサービスです。日本では、国立情報学研究所(NII)が『eduroamJP』としてサービスを提供しており、近畿大学も2017年4月に参加しています。

【学外での利用】

近畿大学の学生(大阪狭山キャンパスを除く)・教職員が、ユーザIDを用いて訪問先の国内外eduroam参加機関の無線LANに接続してインターネットを利用できます。
国内参加機関(外部リンク)
国外参加機関(外部リンク)
 ※eduroamを提供している機関ごとに利用できるサービスが異なります。VPN接続のみを認めている機関も
  あるため、事前に訪問先のポリシーをご確認ください。

■利用方法: 近畿大学のユーザIDを利用する場合

・簡易利用手順
 ①訪問先機関のeduroam利用可能エリアでパソコン・タブレット等のWi-Fi機能をONにし、接続可能な
  ネットワーク一覧から「eduroam」を選択します。
 ②ユーザ名、パスワードの入力画面が表示されますので、
  ・教育系ユーザIDをご利用の学生・教員は
    ユーザ名:教育系ユーザID@eduroam.kindai.ac.jp  ←入力忘れにご注意ください
    パスワード:教育系ユーザIDのパスワード
  ・事務系ユーザIDをご利用の教職員は
    ユーザ名:事務系ユーザID@eduroam.kindai.ac.jp  ←入力忘れにご注意ください
    パスワード:事務系ユーザIDのパスワード
  を入力し、ログインしてください。


SSID(ネットワーク名) 「eduroam」あるいは「eduroamXXX」(XXXは任意の文字列)
セキュリティ WPA2エンタープライズ
(訪問先機関により異なる場合があります)
802.1X認証方式 EAP-PEAP(訪問先機関により異なる場合があります)
データ暗号化方式 AES(訪問先機関により異なる場合があります)

※簡易利用手順でうまく接続できない場合は、下記のeduroamJPサイトの利用の手引きをご覧ください。
   ・iPhone/iPod touch編(外部リンク)
   ・Android編(外部リンク)
   ・Mac OS X編(外部リンク)
   ・Windows 8/8.1/10編(外部リンク)
   ・Windows 7編(外部リンク)

■利用方法: 仮名アカウントを利用する場合

国立情報学研究所(NII)が提供するeduroamJP認証連携IDサービスにて近畿大学の教育系、もしくは事務系ユーザID・パスワードにより、eduroamを利用する為の仮名アカウントを発行できます。仮名アカウント自体には、個人やその所属機関を特定する情報が含まれていませんので、eduroam利用によるプライバシー侵害などを気になさる場合にご利用ください。
詳細は、利用ガイド(ユーザ向け)をご覧ください。
・発行時に指定可能な最大有効期間は、教職員の場合1年、学生の場合3ヶ月です。
教職員のみが利用できるビジター向けアカウント発行機能は、ビジター用アカウントでの証明書ダウンロードに
 不具合があり修正対応中とのことですので現在提供していません。2017年12月頃に修正される予定です。

※近畿大学では、2017年4月より旧システムのeduroam仮名アカウント発行システムにて仮名アカウントを発行
 できましたが旧システムは2017年9月末に新規発行の停止、2018年3月末に認証機能停止となります。


 ▼eduroam仮名アカウント(ID/Passwordアカウント)取得方法
   ①国立情報学研究所の「認証連携IDサービス」のページを開き、ログインをクリックします。
    学術認証フェデレーションの認証が要求されますので、テキストボックスに「近畿大学」と入力するか、
    プルダウンメニュー(図ボタン)より「近畿大学」を選び、「選択」ボタンをクリックしてください。
   ②近畿大学の認証画面に切り替わりますので、教育系、もしくは事務系ユーザIDとパスワードで認証を
    行ってください。
   ③「eduroamJP認証連携IDサービスメニュー / Menu」が表示されますので、「新規ID/Passwordアカ
    ウント発行」を押してください。
   ④表示された利用規約をよく確認し、「同意します」にチェックを入れて「ID/Passwordに進む」を押し
    てください。
   ⑤利用開始日と利用期間を選択し、「確認」を押してください。
   ⑥申請内容が表示されますので内容を確認し、「申請」を押してください。
   ⑦eduroam接続用のアカウントとパスワードが表示されますので、メモを取る等して控えておいてくだ
    さい。
    ※(ID/Passwordアカウント)の代わりに(クライアント証明書アカウント)を用いた認証をおこなう
     こともできます。端末によっては、毎回Passwordを入力せずに認証することができるため、eduroam
     への接続が容易になります。詳細は、利用ガイド(ユーザ向け)をご覧ください。

 ▼eduroam簡易利用手順
   ①訪問先機関のeduroam利用可能エリアでパソコン・タブレット等のWi-Fi機能をONにし、接続可能な
    ネットワーク一覧から「eduroam」を選択します。
   ②ユーザ名、パスワードの入力画面が表示されますので、
    ・ユーザ名:「eduroamJP認証連携IDサービス」で取得したユーザID
    ・パスワード:「eduroamJP認証連携IDサービス」で取得したパスワード
    を入力し、ログインしてください。

※簡易利用手順でうまく接続できない場合は、下記のeduroamJPサイトの利用の手引きをご覧ください。
   ・Windows 8/8.1/10編(外部リンク)
   ・Windows 7編(外部リンク)
   ・Mac OS X編(外部リンク)
   ・Android編(外部リンク)
   ・iPhone/iPod touch編(外部リンク)

【学内(東大阪キャンパス)での利用】

(1)近畿大学の学生(大阪狭山キャンパスを除く)・教職員
  同じく教育系、もしくは事務系ユーザIDにて利用できる「KUDOS_SECURE_X」・「KUDOS_SECURE」を
  ご利用ください。
 ※東大阪キャンパスでの利用であってもeduroamは学外ネットワークの扱いとなりますので、近畿大学が契約
  しているデータベース・電子ジャーナルなど学内ネットワークのみに提供されているサービスは利用できま
  せん。

(2)他のeduroam参加機関所属の構成員の方
  ご自身の所属機関で発行されたIDを使って、近畿大学東大阪キャンパスの無線LANサービス
  (KUDOS Wi-Fi)の提供エリア内でインターネットをご利用いただけます。
  利用できるポートは、コチラをご覧ください。

         eduroamからの利用可能サービス
           ▼ウェブ
            HTTP・HTTPS
           ▼メール
            POP3s・IMAPs・SMTPs・Submission
           ▼リモート接続
            SSH
           ▼VPN接続
            PPTP、OpenVPN、IPsec NAT Traversal、L2TP
           ▼Appleプッシュ通知
            APNS
           ▼Androidプッシュ通知
            FCM


 ※近畿大学の情報システム利用ガイドラインに準じて適切に利用していただくことへの同意をお願いします。
 ※悪意のあるソフトウェアを配信するWebページへのアクセスなどは、ポリシーに従ってフィルタリングされま
  す。