教員向けMS Office利用マニュアル(KMS認証)

本学の教員は、大学資産のパソコンにおいて、Microsoft Officeを利用できます。
はじめて利用する場合は、「教員向けMicrosoftソフトウェア利用について」を必ずご確認ください。

■利用の流れ
Windows 版Office の利用手順

Windows 版
Office の利用手順

Mac 版Office の利用手順

Mac 版
Office の利用手順

■ライセンス認証について(KMS認証方式)

利用するパソコンは学内からKMS認証方式で認証するため、大学のネットワークに接続している必要があります。
KMS認証とは、学内のPCにインストールされたOfficeがマイクロソフトに対して認証を行うことです。新規インストール後、30日間は認証しなくても通常利用でき、認証した場合はライセンスの有効期間(180日間)が設定されます。その後はバックグラウンドで30日に1回、自動で認証を行います。
KMS認証は学内ネットワークからのみ可能で、学外からはできません。認証成功後、180日間認証しなくても あと30日間は通常利用できますが、それ以降については 機能制限モードに移行します。


KMS認証

ライセンス認証の状態と機能制限について

猶予期間 通常通り利用できます。
ライセンス認証有効期間 通常通り利用できます。
機能制限モード 多くのコマンドが利用不可 (淡色表示されて選択不可) になります。
新規ドキュメントを作成できません。
既存のドキュメントを表示できますが、編集することはできません。


Windows版 Office の利用手順(KMS認証)

■事前確認

以下の項目を確認して頂き、事前準備を行ってください。

  • OSがWindows 7の場合、インストールディスクを作成する必要があります。空のDVDメディアをご用意ください。ISOファイルのままでの利用は出来ません。

目次
インストールファイルのダウンロード
インストール
アクティベーション(ライセンス認証)

■インストールファイルのダウンロード

こちらの申請Webフォームより申請を行い、管理者からのメールを受信してください。
(申請後、3営業日以内にメールが送付されます。長期休暇中の場合は、長期休暇明けに送付されます。)
管理者より通知されたID・パスワードでダウンロードセンターにログインしてください。
ダウンロードセンター(ブラウザでアクセスしてください)

ダウンロードセンターURL
https://kindaihigashiosaka.sharepoint.com/sites/Downloadcenter/Shared%20Documents/Download

管理者より通知されたID・パスワードを入力し、
[サインイン] ボタンを押下します。
※右図のような画面が表示されましたら、
「個人のアカウント」を選択してください。
■ファイルのダウンロード

サインイン後に目的のファイルをダウンロードします。
ISOイメージファイル名
「Office_Professional_plus_20XX_XXbit_XXX_XXXXX」
※ファイルサイズが大きいので、ダウンロードに時間がかかる場合があります。
バッチファイル名(ライセンス認証用)
【Windows 32bit】Office20XX 32bit KMS Activation Key
【Windows 64bit】Office20XX 32bit KMS Activation Key
【Windows 64bit】Office20XX 64bit KMS Activation Key
※バッチファイルは、必ずダウンロードしたOffice製品と同じフォルダ内のファイルをダウンロードしてください。製品に対応したバッチファイル以外を使用した場合、ライセンス認証ができません。

ダウンロードセンターにログインすると右記の画面が表示されます。「Office」フォルダを選択してください。
「Office」フォルダを選択後、右記の画面が表示されますので、利用申請されたバージョンを選択してください。
選択したフォルダには、ISOイメージファイルとアクティベーションキーを設定するバッチファイルがあります(フォルダによっては32bitOS用と64bitOS用の2種)。ISOイメージファイルを1つ、該当するバッチファイルを1つダウンロードしてください。


※注意 バッチファイルのダウンロード先はCドライブを選択してください。(Cドライブ内であればフォルダは問いません)
Cドライブ以外からバッチファイルを実行した場合は、正常に認証できない場合があります。

※注 Microsoft社は、Office 2013以前のOfficeについて32bit版の利用を推奨しています。
下記のサイトの「64ビット版のOfficeを展開する場合に考慮すべき互換性の問題」をご覧いただき、これらの問題に対し不都合がある場合、32bitのOfficeインストールしてください。(64bit版のWindowsにインストールできます)
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee681792.aspx

■インストール

Windows 7 と Windows 8 以降では、setup.exeを起動させる手順が異なります。
Windows 7 の場合は、ダウンロードしたISOイメージファイルをDVDメディアに書き込み、インストールディスクを作成してからsetup.exeを実行します。
Windows 8、8.1、10の場合は、ダウンロードしたISOイメージファイルから、setup.exeを実行します。

Windows 7にOfficeをインストール

Windows 7に
Officeをインストール

Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 にOfficeをインストール

Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 に
Officeをインストール


■Windows 7 にOffice をインストール
ダウンロードしたISOイメージファイルをDVDディスクに書き込み、インストールディスクを作成しま す。ダウンロードしたISOイメージファイルを右クリックし、「プログラムから開く」→「Windows ディスクイメージ書き込みツール」を選択し、書き込みツールを起動します。
「Windowsディスクイメージ書き込みツール」が起動します。書き込み用ドライブを選択し、ドライブにDVDメディアを挿入後、「書き込み」ボタンをクリックします。
ディスクへの書き込みが完了したら、「閉じる」ボタンをクリックし、ツールを終了します。
書き込み完了後、DVDを入れ直すと、自動再生により「SETUP.EXEの実行」が表示されます。
※自動起動で表示されない場合、エクスプローラーでDVDを参照し「setup.exe」を起動します。
ユーザーアカウント制御が表示されるので「はい」をクリックしてください。
※「管理者として実行してください」の警告が表示された場合、「Setup.exe」を右クリックし、
管理者として実行」を選択してください。
マイクロソフトソフトウェアライセンス条項画面が表示されます。同意頂ける場合は「同意」にチェックを入力後、「続行」をクリックしてください。
インストールウィザードが表示されます。新規インストール・アップグレードの場合は「アップグレード」を選択してください。
※ 既存Officeの削除が必要となる場合があります。
※ユーザー設定の項目からは以前のバージョンを残す設定が可能です。ご利用方法に応じて選択してください。
(Cドライブ以外にインストールを行うと正常に認証できない場合があります)
「全て完了です。」の画面の画面が表示されれば完了です。「閉じる」をクリックしてください。
※Officeインストール後、Windows Updateを実行し最新のセキュリティパッチを適応してください。

引き続き、アクティベーション(ライセンス認証)を実行します。
■Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 にOffice をインストール
ダウンロードしたISOイメージファイルを右クリックし、マウントを選択します。
ISOイメージをマウントすると、エクスプローラーが起動し内容が表示されます。
「setup.exe」を起動します。
ユーザーアカウント制御が表示されるので「はい」をクリックしてください。
※「管理者として実行してください」の警告が表示された場合、「Setup.exe」を右クリックし、
管理者として実行」を選択してください。
マイクロソフトソフトウェアライセンス条項画面が表示されます。同意頂ける場合は「同意」にチェックを入力後、「続行」をクリックしてください。
インストールウィザードが表示されます。新規インストール・アップグレードの場合は「アップグレード」を選択してください。
※ 既存Officeの削除が必要となる場合があります。
※ユーザー設定の項目からは以前のバージョンを残す設定が可能です。ご利用方法に応じて選択してください。
(Cドライブ以外にインストールを行うと正常に認証できない場合があります)
「全て完了です。」の画面の画面が表示されれば完了です。「閉じる」をクリックしてください。
※Officeインストール後、Windows Updateを実行し最新のセキュリティパッチを適応してください。

引き続き、アクティベーション(ライセンス認証)を実行します。

アクティベーション(ライセンス認証)

Officeのアクティベーションが完了するとOSのアップグレードは完了です。

ダウンロードしたバッチファイルを右クリックし、
[管理者として実行]をクリックしてください。
ユーザーアカウント制御が表示されるので
[はい]をクリックしてください。
表示される画面を確認し、アクティベーションが成功したか確認してください。
・確認する項目
[LICENSE NAME]
Office 14Microsoft Office 2010です。
Office 15Microsoft Office 2013です。
Office 16Microsoft Office 2016です。
利用したいバージョンとあっていることを確認します。
 [LICENSE STATUS] —LICENSED–-」と表示されていればアクティベーションに成功しています。
確認後は任意のキーを押下し、確認画面を消してください。以上でインストール・認証共に終了です。

※アクティベーションに成功した場合は、バッチファイルは削除して問題ありません。

Mac版 Office の利用手順

目次
インストールファイルのダウンロード
Office for Mac 2016のインストール
64bit 版への更新について
Office for Mac 2011のインストール

■インストールファイルのダウンロード

こちらの申請Webフォームより申請を行い、管理者からのメールを受信してください。
(申請後、3営業日以内にメールが送付されます。長期休暇中の場合は、長期休暇明けに送付されます。)
管理者より通知されたID・パスワードでダウンロードセンターにログインしてください。
ダウンロードセンター(ブラウザでアクセスしてください)

ダウンロードセンターURL
https://kindaihigashiosaka.sharepoint.com/sites/Downloadcenter/Shared%20Documents/Download

管理者より通知されたID・パスワードを入力し、
[サインイン] ボタンを押下します。
※右図のような画面が表示されましたら、
「個人のアカウント」を選択してください。
■ファイルのダウンロード

サインイン後に目的のファイルをダウンロードします。

ISOイメージファイル名

【Office For Mac 2011】⇒ 「Office_Mac_Standard_2011w_SP4_ISO_MLF_X19-67670.ISO」
【Office For Mac 2016】⇒ 「Microsoft_Office_Mac_2016_15.23.0_160611_Volume_Installer.pkg」
※ファイルサイズが大きいので、ダウンロードに時間がかかる場合があります。

<Safariブラウザの場合>
ダウンロードセンターにログインすると右記の画面が表示されます。「Office」フォルダを選択してください。
「Office」フォルダを選択後、右記の画面が表示されますので、利用申請されたバージョンを選択してください。
ダウンロードを行うファイルに「チェック」後、右上の「ダウンロード」を選択してください。
ダウンロードが完了すると右図の画面が表示されます。
以上でダウンロードは完了です。
<FireFoxブラウザの場合>
Firefoxではダウンロードセンターからのファイルダウンロード時に右図の画面が表示されます。
「ファイルを保存」を選択してください。
ダウンロードの進捗画面がブラウザ上に表示されます。完了までお待ちください。
ダウンロード完了後、ご利用端末の「ダウンロード」フォルダを確認してください。該当のファイルが表示されていれば、ダウンロードは完了です。

■Office for Mac 2016のインストール
ダウンロードセンターよりダウンロードしたファイルをインストールします。
※「ダウンロード」フォルダに移動し、該当のファイルからインストールを開始してください。
インストール開始の画面が表示されます。「続ける」を選択します。
「使用許諾契約」画面が表示されます。確認して頂き「続ける」を選択します。
ソフトウェア使用許諾契約」について同意を求める画面が表示されますので「同意する」を選択します。
「インストール先確認」画面が表示されます。通常は「Macintosh HD」にインストールされます。
「インストール確認」画面が表示されます。インストールに使用しているMac端末の起動時に使用するパスワードを入力後、「ソフトウェアをインストール」を選択します。
※ユーザー名は端末へのログイン名が自動で入力されています。
「インストールが完了しました」の画面が表示されましたら「閉じる」をクリックします。
オンライン系サービス(OneDrive)を利用しないようにするために、「サインインをスキップ」するための処理(初期設定)を行います。

メニューより「移動」→「アプリケーション」を選択して、アプリケーションを起動します。
アプリケーションより「Microsoft Word」を選択します。

※Officeアプリケーションであれば
どれでも問題ありません。
初回起動時は図の画面が表示されます。
「始めましょう」を選択してください
サインインを求める画面が表示されます。「サインインをスキップ」を選択して、ご利用を開始します。
以上で設定は完了です。
※Microsoftアカウントをお持ちの方はサインインしていただいて構いませんが、デフォルトのデータ保存先が、サインインしたアカウントのOneDriveになりますので、ご注意ください。

※注意
ダウンロード用アカウントの「ees_dl_user@kindai.ac.jp」
では、絶対にサインインしないでください。
データが他の方と共有される恐れがあります。


<サインイン時の補足>

サインインを選択した場合は、以下の手順を参考にしてください。

メールアドレスまたは電話番号を入力し、「次へ」をクリックします。
マイクロソフトアカウントのパスワードを入力して、「サインイン」をクリックします。
テーマを選択後「続行」をクリックします。
以上でサインインは完了です。
■64bit版への更新について

64bit版のMac端末では更新プログラムを適用することで、Office for Mac 2016(64bit版)が使用できます。
以下の手順を参考にしてください。

Officeアプリケーションを起動してください。
起動後ソフトウェア更新プログラムについての画面が表示されるので「更新プログラムのチェック」をクリックしてください。

※表示されない場合はアプリケーションの
「ヘルプ」より
「更新プログラムのチェック」を行ってください。
更新プログラムの確認画面が表示されます。
「インストール」をクリックしてください。

※64bit版への更新画面が表示されず、別の更新プログラムが表示される方は、事前に更新が必要なプログラムが更新されていない状態です。
必要な更新プログラムをインストール後、再度「更新プログラムのチェック」を行ってください
インストール中の画面が表示されます。インストール完了後、画面が自動で切り替わります。
以上で32bit版から64bit版への更新について完了です。

※64bit版から32bit版へダウングレードを行う場合は以下のアドレスを参考に行ってください。
アドレス:
https://support.microsoft.com/enus/kb/3187505
■Office for Mac 2011のインストール
ダウンロードセンターよりダウンロードしたファイルをインストールします。
「ダウンロード」フォルダに移動し、該当のファイルを選択します。
以下の画面が表示されます。画面中央の「Office
インストーラー」を選択します。
インストール開始の画面が表示されます。「続ける」を選択します。
「使用許諾契約」画面が表示されます。確認して頂き問題がなければ「続ける」を選択します。
「ソフトウェア使用許諾契約」について同意を求める画面が表示されます。「同意する」を選択します。
引き続き「インストール先確認」画面が表示されます。
通常は「Macintosh HD」にインストールされます。
インストール先に問題がなければ「インストール」を
選択してください。
引き続き「インストール確認」画面が表示されます。
インストールに使用しているMac端末の起動時に使用するパスワードを入力後、「ソフトウェアをインストール」を選択してください。

※ユーザー名は端末へのログイン名が自動で
入力されています。
インストールが完了すると右図の画面が表示されます。
「閉じる」をクリックください。
Officeの連絡先とMacの連絡先の連携を聞かれます。
通常は「許可しない」を押します。

OUTLOOK等で連絡先を連携して利用する場合はOK
を押します。
Office for Mac 2011の初期設定を行います。画面下部から任意のOfficeアプリケーションを選択してください。
※以下は「Word」を選択し初期設定を行っています。
初期設定画面が表示されます。
画面の「姓」を入力後、「続ける」を選択してください。

※「名」「会社名」は任意項目です。
初期設定画面が表示されます。
画面の「姓」を入力後、「続ける」を選択してください。

※「名」「会社名」は任意項目です。

以上で設定は完了です。